「両建て」なら心理的な葛藤に対応できる

トレード時の心理的な葛藤に「両建て」ならば対応できる

FXのイメージ

 

そもそも両建て取引を始められた理由は何なのですか?

 

たとえば89円50銭でドルを買ったとしましょうか。買った後、89円52銭になったものの、また買値まで戻ってしまった。さて、ここからどうするか。状況分析をすると、どうもさらに円高が進みそうだと・・・片張りでトレードしている多くの人は、ここで一度撤退するかどうかで迷うはずです。でも、なかなか自分のもっているポジションを切ることはできないものです。大概はポジションをもったまま、89円45銭、89円40銭というように円高が進んでも、まだポジションを切れない。そればかりか、どこかでまた円安に転じるだろうという期待を抱いて、そのままにしてしまう。

 

もちろん、どこかの時点で戻る可能性はあります。しかし、レバレッジを高めにしてエントリーしていたら、相場が戻る前に強制ロスカットに引っかかってしまう。これでは何にもなりません。もしくは、89円50銭まで戻ったところでドテンできれば、そこから先の円高局面で利益を得ることができますが、個人にはなかなかドテンはできないものです。損切りもできなければドテンもできない。

 

なぜでしょう。それは、人の心、が弱いからです。自分が最初にもったポジションを損切る、あるいはドテンするというのは、自分のエントリー時の判断を否定することですから、過ちを認めたうえで果敢に逆行動を行なえるかというメンタルな問題なのです。これが実際のところ、非常にむずかしいのです。

 

そこで両建で取引の勧めです。もし買値まで戻ってしまったところで、買ったときと同額の売りポジションをもてば、そこから先、どれだけ円高が進んだとしても、損失は膨らみません。実質的にポジションをもっていないのと同じことになります。その後の処理は、相場の様子を見て、そこからさらに円高が大きく進みそうだということになれば、売りポジションだけを残して、買いポジションは決済してしまえば良いのです。円安の場合はその逆になります。これだと、心理的に抵抗感を感じることなく、ドテンしたのと同じ効果を得ることができます。基本的に人間の心は弱いものです。心が弱いゆえに、相場に負けるというケースがいちばん多いのではないかと思います。それこそが私が「両建て取引」に行き着いたきっかけですね。自分の反省から生まれたものなのです。

両建ての手法はヘッジ、同時、利確の3種類

両建て取引について詳しく教えてください。

 

両建て戦術は、大きく3つの手法に分れています。第一は「ヘッジ両建て」。これは、通常ならロスカットを入れる局面で、両建てにするというものです。基本的には、エントリーした直後に、5pipsの幅で逆指値の反対ポジションを入れておきます。スプレッド分は追加しますので、たとえば、1ドル=90円50銭でドル買い注文を出した場合、すぐに1ドル=90円44銭の売り逆指値を入れるのです。

 

この後に相場がちゃぶつけば、すぐにこの売り逆指値注文が約定して両建てが成立します。すると、この時点でポジションをもっていないのと同じ状態になりますので、バイアスのかからない状態で、次の相場展開をウォッチすることができます。相場には波がありますから、必ずどこかの段階で一方向に動き始めます。そうなった時点で、動き始めた方向に沿ったポジションを残して、もう一方のポジションを決済します。そうすると、この時点で、ドテンをしたのと同じ状態になります。

 

第二は「同時両建て」。これは、エントリーする際に、売り買い両方のポジションを同時にもつというものです。重要な経済指標が発表される直前や、相場の値動きが非常に荒い状態のとき、あるいは方向感がわからない場合などに用いると効果があります。いずれも、どちらに動くかがわからない状態でエントリーするケースなので、いずれか一方向にマーケットが動き始めたら、すぐにもう一方のポジションを切ることで、相場の流れに乗っていくのです。

 

1日の値動きの幅の合計は平均して300〜500pipsですから10pipsを何度も狙うデイトレには十分大きな宝の山といえます。

 

第三が「利確両建て」。利益をできるだけ大きくしたいというのは、投資家であれば誰でも考えることですが、実はこれがなかなかむずかしいものです。これまで利益が十分に乗っていたとしても、相場のアヤでアゲインストになり、利益がまたたく間に目減りしていくという状況に直面したら、どうなるでしょうか。多くの人は、それが単なるアヤだと思っていたとしても、次のトレントが発生するまで耐えることができずに、利益を確定してしまいます。ドテンなどはまずできません。

 

そして、その直後に再び自分がもっていたポジションに沿った動きになったとしても、そこからもう一度エントリーしようという気には、なかなかなれないものです。このようなとき、利益が乗っている時点で素早く両建てにしてしまいます。そうすれば、相場のアヤでアゲインストになったとしても、利益が目減りすることはありません。あとは、再びトレントが加速したときに、トレントと反対方向のポジションを素早く決済して、トレントに乗っていけば良いのです。

 

また、このようにトレントが見えてきた時点で、これまでのポジションに、さらに新規のポジションを乗せていくピラミッデインクをすることによって、さらに利益の拡大を追求することも可能です。

小さくても確度の高いものを積み上げていくことが大切

5pipsで両建てということですが、利益の目標はどれぐらいにしてトレードするのですか?

 

1日に為替レートがどのくらい動いているのかをご存じですか。2008年秋口のリーマンーショックのときのように、マーケットが大荒れになっているようなときはともかく、通常は米ドルノ円で1日平均の値幅は1円程度。つまり100pipsの幅で動いています。

 

これは当日の高値と安値の差であって、さらに1日のなかでトレードの対象になる波動(値動き)となると、もっと大きくなります。私が数年分の為替の値動きを調べてみたところ、平均して1日のうちに300〜500pipsの波があることがわかりました。つまり、1日の値動きを100pipsととらえ、上がるのか下がるのか丁半博打のようなポジショントレードを行なうのか、スキャルピンダで上手に相場の波に乗って300〜500pipsの値動きのなかから利益をとっていくかですから、どちら、が着実なチャンスに恵まれているかは明らかです。

 

デイトレード(スキャルピング)はまさに宝の山なのです。この波に上手に乗ることができれば、1日に何度でも、利益を得るチャンスはころがっています。そういうことを前提として、私は実際にトレードをする際、「1日に10pipsを取る」ことに目標にしています。300〜500pipsの値動きがあるなかでの10pipsだけを、。確実に取っていくのです。

 

もちろん、これは非常に控えめな目標値だと言っておきましょう。実際には30pips、あるいは50pipsを狙うこともできます。ただ、それにはある程度の慣れが必要になるので、これからデイトレードを始める人は、まず10pips奪取を目標にするのがよいでしょう。

 

それぐらいだと、できそうな気がします(笑)。1日10pipsというと、「なんだ、たったのそれだけ?」という意見もあると思います。でも、「塵も積もれば山となる」という言葉があるように、1日の目標値が10pipsでも、それが1か月、2か月となれば、かなりの金額になります。

 

たとえば1か月で20日、トレードすることを前提にしてみましょう。証拠金として100万円を預けて、100万通貨単位のトレードを繰り返したとすると、1ドル=100円であれば1億円の想定元本になります。レバレッジは100倍。これで100pipsを取ったとすると、1日の収益は10万円になります。20日間、トレードをすれば、総収益は200万円。これだけ取れれば十分でしょう。

 

もちろん、人によっては100万円もの証拠金を積むのはむずかしいというヶIスもあります。そこで証拠金を10万円にして、同じように100倍レバレッジで20日間トレードすれば、1日10pipsの利幅で儲かる利益は月20万円。小さな値動きを狙うだけでも、これだけの利益を得ることができるのです。

欧州懸念が和らいだことにより、買い優勢の展開が期待される。スペインの今年最初の国債入札は、発行予定額のほぼ倍を調達。イタリアは12ヶ月物を120億ユーロ発行したが、平均落札利回りが大幅に低下。スペイン、イタリアの順調な国債入札の結果が好感されよう。しかし為替相場(FX)ではユーロ売り圧力が強いため、注意が必要であろう。